はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


紫外線対策を

2005年08月07日

夏はプールや海水浴などに出かける機会が多く、日焼けのシーズンです。小麦色の日焼けは一見健康的に思えますが、過度になると熱傷と変わらず深刻な状態となることもあり注意が必要です。

日光浴には骨を丈夫にする働きがあり人体にとって必要なものです。しかし真っ黒に日焼けすればするほど骨が硬くなるかといえばそういうわけでもなく、うす曇りの日に短時間散歩するだけでも十分とされています。

過剰な紫外線を浴びることは皮膚癌の原因となることがはっきりしています。それ以外にもシミを増やしたり、シワ、たるみなどの皮膚の老化を促進することも知られています。日焼けしたときの見栄えはいいかもしれませんが、後々のことを考えて日焼けはほどほどにしておくのが得策です。

日焼け対策としては、あたりまえのことですが日中の外出を控える、肌の露出を避ける、日焼け止めクリームを利用するなどが基本となります。もし日焼けで強い皮膚炎が起こってしまった場合には熱傷に準じた治療が必要となります。放置せずに医療機関を受診しましょう。


<< 熱中症にご用心医療情報TOP

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.