はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


健康診断は必要?

2005年09月03日

最近、会社で行われる定期健康診断が必要なのか、不必要なのかの議論が活発になっています。

年一回の定期健康診断は会社に対して義務化されています。しかし健診の中で特にレントゲン検査が必要なのか、不必要なのかで意見が真っ二つに分かれています。

胸部レントゲン検査は肺癌や肺結核を見つけるのに非常に有用であることは疑う余地もありません。しかし、放射線の被曝により少しずつですが発癌率が上昇することも事実です。

定期的なレントゲン検査は不必要と唱える人々は、レントゲン検査による被爆で発癌率が上昇し、検査で疾病を発見する有益性よりも発癌率上昇による不利益が上回るとしています。

逆に定期健診でレントゲン検査が必要と唱える人々は、自覚症状の出ていない隠れた胸部疾患を発見し早期治療に踏み切れたケースは数え切れないほどあり、健診の功績は計り知れないとしています。また、健診での被爆量はごくわずかであり問題にならないとしています。

もちろん、咳、発熱など肺疾患の存在が疑われる場合、胸部レントゲン検査が必要であることは当然のことですが、この度の議論は、それとは別に多くの自覚症状の無い人に対しての定期的被爆の是非が問われているのです。

このような議論の起こる背景として、肺結核の頻度が以前に比べて低くなり、健診の有用性が低下したことなども影響しています。

定期健康診断のおかげで自覚症状の無い早期肺癌や肺結核を早期に発見でき、大事に至る前に対処できたケースを数々目にしてきた私としては複雑な心境です。国の慎重な判断が待たれます。


<< ウエストのサイズ医療情報TOPE型肝炎 >>

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.