はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


肥満の男性は大腸がんに注意を

2005年10月15日

これまでに行われた色々な調査で肥満が心筋梗塞などの血管硬化性疾患の発症危険因子であることははっきりしています。更に今回、肥満のある男性(女性には当てはまりません)は肥満の無い男性に比べて大腸がんの発症率が有意に高いことが厚生労働省研究班の調べでわかりました。

平成15年度の日本人の死亡原因は1位が悪性新生物、つまり癌、2位は心筋梗塞などの心疾患、3位は脳梗塞などの脳血管疾患となっています。死亡原因トップの癌の内訳をみてみると1位が肺癌、2位が胃癌、3位が大腸癌となっています。最近の動向では肺癌、大腸癌が非常に増えており、逆に胃癌は減少傾向を示しています。

大腸癌が増えている原因としては食生活の欧米化により、肉類の摂取が増加したことと、食物繊維の摂取が減少したことが大きく関係していると考えられています。いかにも太った男性はそのような食事をしていそうで、妙に納得のいく調査結果だと思われます。

しかし、ではなぜ女性では同じことが当てはまらないのでしょうか?発癌のしくみは今のところはっきりしておらず、いろいろな要因が重なって起こるとされています。肥満だけでは到底説明できるものではなく、他の色々な原因についても調査が待たれます。

今回の調査結果のようにその一端を示す調査結果は新聞にテレビに、それこそ毎日のように出てきます。み〇も〇たの番組のように、あまりに情報が多すぎて本当は何が大切なのか判らない状態になってしまわないように注意しましょう。

ともあれこのような結果が出たからには身に覚えのある男性は昔ながらの魚と野菜中心の食生活に戻されてみてはどうでしょうか。また、あまり知られていませんが大阪市は大腸がん検診を年1回実施しています。当院でも大阪市からの委託を受け実施しておりますので気になる方はぜひ検査を受けてみてください。


<< 輸入感染症医療情報TOP今年はサンマが豊漁です >>

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.