はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


インフルエンザ問題

2005年11月25日

今年はインフルエンザについて話題になることが非常に多い年です。

昨シーズンにインフルエンザが大流行したことからワクチン接種に対する関心も高く、国外で鳥インフルエンザの人への感染が報告されたり、一方ではインフルエンザ治療薬のタミフルの副作用が取り沙汰されたりと、年末に向けてあわただしくなってきています。すでに京都ではインフルエンザ様感染症が報告されています。

現在多くの医療機関で行われているインフルエンザワクチンの有効率について、たずねられることが時々あります。

昨年はワクチンを接種したにもかかわらずインフルエンザにかかってしまったという人をチラホラみかけました。一体どうなってるんだとの声も何度か聞きました。有効率についての検証結果はつい最近まで出ていませんでしたが、驚くことに昨シーズンのインフルエンザワクチンの有効率は27%しかなかったとの報告がありました。

どうしてそんなに効果の無いワクチンを作ってしまったのかということになりますが、これはある程度はやむをえないことでインフルエンザウイルスは変異することが多く流行するタイプを予想することが非常に難しいからです。しかもワクチンを作るにはかなりの月日を要することから、数ヶ月も前から予想の難しいワクチンを作るのである程度やむを得ないことなのです。

しかし、毎年予想が外れているわけではなく例年は有効率は70%程度はあります。やはりワクチン接種は受けるべきです。

ただし、勘違いされている方が多いのですが、現行のワクチンは鳥インフルエンザウイルスから変異した新型インフルエンザに対する効果は期待できません。全く別物と考えてください。

次にもしワクチンの効果が低くインフルエンザにかかってしまったらどうすれば?ということになります。

一般的にはインフルエンザ治療薬のタミフルで治療ということになるのですが、最近日本小児感染症学会でタミフルの副作用により幻覚症状をきたし事故により死亡したとの報告があり波紋を広げています。

報告された先生はインフルエンザは自然に治癒する感染症であり、タミフルを使用すべきではないと言われているようです。

しかし、この意見はかなり極論であるとの印象はぬぐい切れません。インフルエンザは重症になると死に至ることもあり、特に高齢者、年少児では肺炎、脳炎などを起こす確率が高く、また感染の拡大を防ぐためにもやはり治療は必要と思われます。

前記の幻覚症状も薬の副作用ではなく、インフルエンザ脳炎の症状である可能性もあります。同学会でも事実は認めるものの因果関係は今後検証していくべき、ということになっています。

更に新型インフルエンザウイルスは毒性が強いと予想されており、死亡率も高いものと思われますので、通常のインフルエンザと同じものさしで考えるべきではありません。検証はもちろん大切ですが、薬の副作用ばかりにとらわれていると大事に至ることにもなりかねません。

ではインフルエンザに備える上で一番大切なこはどのようなことでしょう?

答えは簡単で予防が一番です。インフルエンザウイルスは感染力の強いウイルスであり、特に空気が乾燥した状態では感染力が高くなります。まずはうがい、手洗い、そしてインフルエンザが流行りだしたら人ゴミに行かない、マスクをする、人が集まる場所では加湿器や空気清浄機などを使用するなどの心がけが大切です。自分の身は自分で守るという意識をしっかり持ちましょう。


<< インフルエンザ情報医療情報TOPエイズの現状 >>

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.