はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


インフルエンザ流行中

2006年01月06日

昨年末より早くもインフルエンザが流行しています。現在A型インフルエンザが周辺地域で流行していますのでご注意ください。

昨シーズンはワクチンの有効率が低く、ワクチン接種を受けていてもインフルエンザに感染発症した人が多かったのは2005.11.25 に記したとおりですが、どうやら今年もそのような傾向があるようです。

当院で既に数人の方が今シーズンのワクチン接種を受けられたにもかかわらずインフルエンザに感染して来院されています。ワクチンの有効率に関してはシーズンが終了してからでないとはっきりしませんが、ワクチン接種を受けられた方も安心することなく、外出後はうがい、手洗いをしっかり行うようにして予防に努めましょう。

そしてこの時期に風邪症状と共に高熱が出た場合はまずはインフルエンザを疑い早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザは感染力が強く家族内で一人が感染すると家族全員が感染してしまった、ということも多々あります。

特にお年寄りのおられる家庭では注意が必要です。お年寄りの方は重症化することが多いため、どうしても部屋を別にしたりして感染予防を行うことができない場合にはインフルエンザ治療薬タミフルの予防投与が認められています(ただし保険診療ではありません)。心当たりのある方は医療機関で相談されることをお勧めします。

更にインフルエンザウイルスの感染についてもうひとつ注意しなければならないことがあります。

もしインフルエンザに罹ってしまった場合、熱が下がったからといって体の中のウイルスが消えたということにはなりません。解熱後48時間はまだウイルスが体の中に存在して周囲の人に感染する可能性があると考えてください。ウイルスをもらうのも嫌ですが、うつすのも嫌なものです。もしどうしても人の多いところへ行かなければならないときは抗ウイルス効果のあるマスクをして周囲の人にうがい手洗いをしっかりとしてもらいましょう。


<< 抜け毛の気になる方に朗報です医療情報TOP2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報 >>

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.