はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


抜け毛の気になる方に朗報です

2006年02月18日

昔も今も変わらず、髪の毛のことでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。

脱毛症には色々なタイプがありますが、男性で中年期以降、額がM字型になり頭髪の生え際が後退していく、または頭頂部から円形に髪の毛が薄くなっていくものを男性型脱毛症と呼びます。遺伝的要因も大きく関係するとされていますが、男性ではジヒドロテストステロンという男性ホルモンが抜け毛の原因物質のひとつであることが判っています。

このジヒドロテストステロンの産生を抑え、抜け毛の進行を抑えるプロペシア(萬有製薬)という薬の使用が認可されたのは記憶に新しいと思います。当院でも同剤を取り扱っております。

プロペシアとはどのような薬なのでしょうか?

 ・ 1日1回の内服薬です。
 ・ 男性のみ使用できます。
 ・ 20才未満の方では安全性が確立していません。
 ・ 効果を確認するのに6ヶ月程度かかります。
 ・ 保険外診療のため、各医療機関で費用が異なります。
  ⇒当院では初診で1ヶ月分処方の場合9000円、2回目以降は8000円となります。

安全性の高い薬剤ですので悩まれている方は試してみられてはいかがでしょうか?


<< 最新画像検査PETの現状医療情報TOPインフルエンザ流行中 >>

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.