はしもと診療所
〒536-0008
大阪市城東区関目3-11-24
TEL.06-6936-8181
内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科・往診
 

医療情報トピックス


最新画像検査PETの現状

2006年03月14日

最新の悪性疾患検出のための画像診断にPETという検査があります。がんに取り込まれやすい性質の放射性物質を注射し、放射線を検出することでがんの場所をさぐるという検査です。

大規模病院や検診センターがこぞって導入し、癌の早期発見能力に期待が寄せられていました。保険適応外の検診では10万円以上の費用がかかるものの、全身の悪性腫瘍を一度の検査で検出できることから非常に注目されていました(現在保険適応となっており必要性がある場合は保険適応内の検査として行われます)。

しかし今回、PETのがん検出能力に疑問符のつく調査結果が報告されました。

東京にある国立がんセンターの内部調査で、様々な検査でがんと診断されたうち85%がPETでは異常なしと診断されていたとのことです。現時点ではCTやMRI、超音波検査、内視鏡などを組み合わせて検査を行う方が検査の精度が高いということになります。

現時点では精度が低いようですが、PETによる検診の利点は"全身のがん検出を一度に"というところにあります。

普通検査を行う場合、何らかの自覚症状があって初めて検査を行います。例えば、上腹部が痛ければ腹部エコーや胃カメラを行います。しかし、もし甲状腺がんが隠れて存在したとしても自覚症状がなければついでに甲状腺の検査も行おう、ということにはなりません。この場合甲状腺がんは見過ごされてしまいますが、PETであれば早期に検出される可能性があります。

PETは精度さえ上がれば局所の自覚症状に乏しい早期がんの発見には非常に期待がもてます。医療機器は驚くべき速さで進歩します。技術大国日本の今後に期待しましょう。


<< 骨粗鬆症医療情報TOP抜け毛の気になる方に朗報です >>

  TOP PAGE

  ■このページについて
最近の医療で注目されていること、健康管理に有用な情報などを記しています。
下記の一覧をクリックして下さい。

2009年花粉症情報
成人のインフルエンザワクチンは2回必要?
脂質異常症
花粉症治療(特にステロイド剤の使用について)
新型インフルエンザ危機
2007年度のインフルエンザ対策の現状
百日咳
AED (自動体外式除細動器)
関節リウマチの早期診断
インフルエンザ治療薬
2007年の花粉症
乳がん検診
在宅支援診療所
腫瘍マーカー
インフルエンザの現状
BSE問題
爪水虫(爪白癬)
食中毒
ジェネリック医薬品
骨粗鬆症
最新画像検査PETの現状
抜け毛の気になる方に朗報です
インフルエンザ流行中
2006年度のスギ・ヒノキ花粉情報
インフルエンザ情報
インフルエンザ問題
エイズの現状
輸入感染症
肥満の男性は大腸がんに注意を
今年はサンマが豊漁です
結核予防週間
スズメバチ
インフルエンザワクチン
コエンザイムQ10
ウエストのサイズ
健康診断は必要?
E型肝炎
ブタクサ花粉症
熱中症にご用心
紫外線対策を
医療情報TOP

 
 
 
はしもと診療所は大阪市城東区関目の内科・リウマチ科・アレルギー科・リハビリテーション科です。
Copyright(c)2006 Hashimoto clinic All Rights Reserved.